シカ(ニホンジカ)の基本情報

形態

体長:100cm~180cm 体高:70cm~130cm

体重:40kg~100kg

食性

雑食性(植物食が中心)

特性

警戒心がとても強く、人影を見るとすぐに逃げます。

跳躍力が高く、助走なしで1.5mほどジャンプしますが障害物は飛びこえるよりも隙間や下をくぐり抜けることが多いです。

シカ.jpeg

シカの被害について

・農地のほとんどの農作物は被害対象となる。

​・農作物の実のみを食害するわけではなく、苗自体も食害する。

・1頭1日当たり約3kgの餌を必要とするとされるため、群れで生活するシカによる被害は短時間で規模が大きくなる。

・年々個体数が増えている。

​防獣バスターズおすすめ! シカ対策方法

クマ用3段張り2.jpeg

比較的コストを抑えられ、効果が高い対策方法です。

シカの場合は、20cm~30cm間隔の5段張りが一般的です。

除草の手間を省くため、防草シートの同時施工がおすすめです。

電気柵施工サービスの詳細はこちら!

ワイヤーメッシュフェンス施工_edited.jpg

頑丈な金属製のメッシュパネルを並べ、物理的な柵でシカの侵入をガードします。

耐久性が高いので、長く使いたい方におすすめです。

メッシュの下部は目が細かくなっているので、タヌキなどの小動物も防ぐことができます。

ワイヤーメッシュ柵施工サービスの

詳細はこちら!

今までのシカ対策施工事例を掲載中!​

​施工写真やおよその費用がわかります。

シカ対策のおすすめ資材

アニマルバスター12w.jpeg

ソーラー付電柵器 アニマルバスター NSDSR-12WDX

比較的低コストで設置できる資材で、効果が高いです。

シカの場合は、20~30cm間隔の5段張りがおすすめです。

シカは明け方や夕方にも行動することがあるので、出来るだけ24時間通電で使用してください。

使い方を動画でご紹介しています!

やってしまいがちな電気柵の設置NGパターン10選!

21438_1.jpg

グラスファイバー電柵支柱 

ステン碍子5P目印付 20φ×1800mm

シカ用電気柵にぴったりの支柱です。

目盛りがついているので、打ち込み深さやガイシの高さが簡単にわかります。

またガイシ付きなので、ガイシを支柱につける手間が省けます。

​銅管支柱に比べ、折れにくく長持ちします。

20728_1.jpg

識別テープ ピンク

シカにとって視認性のよいピンク色のテープです。

​自然界にない鮮やかなカラーと、テープが風になびく音で警戒させ、寄せ付けないようにします。

​色褪せしたら交換してください。

ステンレス線入り防獣ネット 2.3m×20m

ステンレス線入りのネットで超頑丈!

丈夫なネットをお探しの方におすすめです。

網目も6cmと細かいので、噛み切られにくいです。

ネットの裾は外側に垂らしておくと、動物の足が絡まるので近付きにくくなります。

​シカの他、イノシシやタヌキ、ヌートリア対策としても使用できます。

使い方を動画でご紹介しています!

【超頑丈!】ステンレス線入り防獣ネットのご紹介!【農業屋】

獣害対策資材は他にも多数ご用意しています!

​(各種通販ページに移動します)