アナグマの被害から畑を守る!
効果的なアナグマ対策のポイント

アナグマの基本情報

アナグマ.jpeg

●形態

体長:40cm~80cm 

体重:5kg~16kg

●食性

雑食性(植物性が中心)

●特性

・夜行性で、昼間は巣穴でじっとしていることが多いです。

・穴を掘るのが得意で、水捌けの良い斜面を掘って巣穴を作ります。

・意外と泳ぎも得意です。

・気に入ったルートを何度も使う習性があります。

・タヌキと同様に、危険が迫ると擬死行動(狸寝入り)をしたり、糞を一箇所にする「ため糞」をします。

・寒冷地に生息する個体は、3〜5ヶ月程冬ごもりします。

​・年に1度、春に1〜3頭出産します。

​防獣バスターズおすすめ! アナグマ対策方法

アナグマ対策用電気柵

アナグマは穴掘りが得意なため、ネットをしても地際から侵入されてしまうことがあります。

そんな時は、電気柵を使った防除がおすすめです。比較的コストを抑えられ、効果が高い対策方法です。
アナグマの場合は、鼻先に電気ショックを与えるため、地面から10cm間隔の2~3段張りが一般的です。

他にも、地面から40cmくらいの高さにネットを設置し、ネットの3cmほど上に電気柵を1段張る方法もあります。​(下記動画参照)こちらの方法では、電気柵が伸びてきた雑草で漏電しにくいので、雑草管理に手間をかけたくない方にお勧めの方法です。

電気柵施工サービスの詳細はこちら

ネットと電気柵を組み合わせた設置方法は、こちらの動画をご覧ください!

●サルよけハウス(防獣ハウス)

サルよけハウス(防獣ハウス)

畑の全面を囲うので、アナグマの侵入を確実にブロックできます!

天井も完全に囲うので、​アナグマだけでなく、ネットをよじ登ってくるサルやハクビシンなどの小動物、鳥による被害も防ぐことができます。

​設置場所に合わせて専門設計、施工いたしますので、畑を無駄なく活用できます!

サルよけハウス施工サービスの詳細はこちら

床下など、ご自宅のアナグマ対策もお任せください!

駆除作業(追い出しや捕獲)、侵入防止作業、消毒作業などを行います!​​

shutter_tenken.png

アナグマ対策のおすすめ資材

●ソーラー付き電柵100mセット

ソーラーパネル付き電気柵100mセット

電気柵の設置に必要な資材が全て入っているので、届いたらすぐに電気柵を設置できます。
本機はソーラーパネル付きですので、電池交換の必要がありません。
​電気柵を設置したことが無い方でも、2時間程度で設置できます。

動画で設置方法をご紹介しています!

●ソーラー式超音波 鳥獣びっくりガード SSTJ-1

press to zoom

press to zoom

press to zoom

press to zoom
1/3

アナグマが嫌う超音波を発して追い払う資材です。

対象動物に合わせて超音波の周波数を設定できるので、幅広い動物に効果があります。

センサー付きなので、アナグマが前を通ったら超音波が鳴る仕組みです。

​ソーラーパネル付きなので電池交換が不要です。

●ネットアンカー杭

press to zoom

press to zoom

press to zoom

press to zoom
1/3

防獣ネットの裾を地面に固定するための杭です。

らせん形状をしているので、通常のピンより3倍の抜け強度があります!

​さらにピンには焼き入れ加工をしているので、金槌で打ち込んでも問題ありません。

​ネットの裾を30cm~50cmほど垂らし、ネットアンカー杭で固定してください。

アナグマはネットと地面の間をくぐり抜けて侵入しようとするので、地際の対策が重要です。

​●害獣 来ん砂~る

アナグマ忌避材来ん砂ーる

パラパラまくだけの忌避材です。

カプサイシンの効果でアナグマを傷付けずに追い払います。

天然成分でできているので、安心してご利用いただけます。

​アナグマの他、モグラやアライグマなどの小動物にも効果があります。

獣害対策資材は他にも多数ご用意しています!

(各種通販ページに移動します)