サル(ニホンザル)の基本情報

形態

体長:50cm~60cm

体重:8kg~20kg

食性

雑食性(植物食が中心)

特性

視覚や聴覚・嗅覚・味覚・触覚は人間とほぼ同じ。

学習能力や運動能力が高く、ネットをよじ登ったり、近くの木から飛び移ったりして侵入します。

十数頭から百頭以上の群れを作り、特定の範囲を定期的に周回します。

ニホンザル.jpeg

サルの被害について

・カボチャやスイカなどの野菜、ナシやブドウなどの果樹を食害する。

・一口かじって放置するような食べ方が多い。

・ダイコンやサツマイモなどの根菜類は、地上部を折り取って食べる。

 掘り取ったり、引き抜いたりすることもある。

・人馴れしてしまうと、人家への侵入や物品の損傷、人への威嚇行為や攻撃行動をする場合がある。

​防獣バスターズおすすめ! サル対策方法

サルよけハウスの画像

畑の全面を囲うので、サルの侵入を強力にブロックできます!

天井も完全に囲うので、​サルだけでなく、ネットをよじ登ってくるハクビシンなどの小動物や、鳥による被害も防ぐことができます。

​設置場所に合わせて設計、施工いたしますので、畑を無駄なく活用できます!

サルよけハウス施工サービスの詳細は

こちら!

IMG_0169.jpeg

通常のワイヤーメッシュ柵に電気柵を4~5段追加設置します。

よじ登ってくるサルも、電気柵の部分で侵入を防ぎます。

​ワイヤーメッシュを使用しているので、イノシシやシカの対策も同時にできます。

​小動物も対策したい場合は、ワイヤーメッシュにネットなどを重ね張りします。

電気柵施工サービスの詳細はこちら!

今までのサル対策施工事例を掲載中!​

​施工写真やおよその費用がわかります。

サル対策のおすすめ資材

アニマルバスター12w.jpeg

ソーラー付電柵器 アニマルバスター NSDSR-12WDX

木登りが得意なサルには、電気柵が効果的です。電気柵だけで対策する場合は、20cm間隔の7~8段張りがオススメです。(5,7段目はマイナス線にします。)

サルは明け方や夕方にも行動することがあるので、24時間通電で使用してください。

使い方を動画でご紹介しています!

やってしまいがちな電気柵の設置NGパターン10選!

54_1.jpg

猿よけ網 菱目4.5cm 3m×20m

細いテグスでできており、手足に絡まるのでネットをよじ登りにくくなっています。

​地上高は2m以上になるように設置してください。

​ネットの裾は畑の外側に垂らしておくと、足が絡むので動物が嫌がり、近付きにくくなります。

エレキネット.jpeg

エレキネット 105cm×50m

通電性のネットで、よじ登ってくるサルの侵入を防止します。

アニマルフェンスネット(1.0m幅以上)の上にこのエレキネットを設置すると、漏電対策にもなってオススメです。

(ご利用には別売りの電柵器が必要です。)

21750_1.jpeg

​マルチアングル

ワイヤーメッシュに電気柵を取り付ける際に、とても便利!

ワンタッチでワイヤーメッシュに取り付け可能です。結束バンド等を使えば、柱に取り付けることもできます。

イノシシやシカ用のワイヤーメッシュを活用しつつ、サル対策もしたい方にオススメです。

獣害対策資材は他にも多数ご用意しています!

​(各種通販ページに移動します)