top of page

防草シート施工(岐阜・垂井町)


 今回は、元農地で現在空き地への防草シート施工のため、岐阜県不破郡垂井町へ行ってきました。そこは閑静な住宅地の一角にあり、大きさは縦27メートル、横30メートルほどです。依頼者は、この土地は以前畑であったこともあり、対処にきりのない雑草との戦いに終止符を打ちたいとのこと。そのため、すり鉢状と特異な地形であるものの、風によるめくれ上がりを防止するために、風向きを考慮し隙間のないシート展張に努めました。特に、杭は20センチではなく30センチの物を使用したほか、地盤の軟弱な箇所には長めの杭を打ち込み、またはブロックを設置するなど施工強度を万全にしました。

 防草シートの施工は、概ね6時間で完了、依頼者立ち合いのもと最終点検及び説明を行い、作業を全て終了しました。

 施工後数週間が経過しましたが、依頼者から一部杭が浮いている箇所があるとの連絡を受けたため、最寄支店の担当者が現場を確認しましたが、防草シートを施行してからある程度の期間を経過することで地番は安定してくるため今後問題はないと思われます。今後更に問題点等が発見されたならば、アフター面においても万全を図っていきます。

雑草にお困りの方は、一度農業屋防獣事業部までご一報ください。草刈り(手作業・機械使用)、芝の手入れについてもご相談を承っております。

Comments


bottom of page