日本には数種類のモグラがいます。

ここでは、主に東日本に生息する「アズマモグラ」と西日本に生息する「コウベモグラ」の生態を紹介します。(画像はアズマモグラ)

形態

食性

特性

体長:12cm~16cm(アズマモグラ)

   12cm~18cm(コウベモグラ)

体重:50g~120g(アズマモグラ)

   50g~170g(コウベモグラ)

肉食性(主に昆虫類やミミズ類を食べます)

目はほとんど見えませんが、聴覚と嗅覚がとても優れています。大食漢で、1日に自分の体重とほぼ同じ量のエサを食べます。地下10cm~20cmの深さに直径4cmほどのトンネルを作ります。

モグラの被害について

・掘ったトンネルにより作物の根が乾燥して傷んでしまう。

・芝生がモグラ塚で荒らされる。

・田んぼのあぜに穴を開けて水を抜いてしまう。

・移動時に作物の種を押し上げ、種を他の動物が食べてしまう。

・モグラのトンネルを利用したネズミに、作物の根を食害される。

対策方法

●超音波や振動を発生させる撃退器を使う
モグラの本道の近くに設置すると効果的です。ソーラー式や乾電池式など様々な種類の撃退器があります。

●忌避剤を使う
モグラの優れた嗅覚を利用し、モグラの嫌がるニオイで撃退しましょう。効果は長続きしないため、定期的に設置しなおします。

●捕獲する
モグラがよく利用する「本道」に捕獲器を設置し、捕獲しましょう。確実な方法ではありますが、難易度は高いです。

(※地域によっては絶滅危惧種に指定されているモグラもいます。捕獲の前にご確認下さい。)

おすすめ対策資材

モグラ来ん棒 10本入

効果の決め手は濃縮された激辛唐辛子エキス!ゆっくり溶け出すスティックタイプ。

モグラ一番 TCM-02

モグラを研究して作られた専用器具!両面扉式の筒型モグラ捕獲器です。

ソーラーモグラ撃退器

土中にさしておくだけでもぐらを寄せ付けない!

お電話でのお問い合わせはこちら

☎:080-8653-6266

お電話でのお問い合わせはこちら

☎:080-8653-6266

Copyright(c) kuragi CO., LTD. All Rights Reserved.

三重県松阪市川井町花田539

電話 0598-26-1111